六本木ピットインのテーブル

フュージョンの殿堂といわれた名ライブハウス「六本木ピットイン」は、2004年にビルの解体のため27年の長い歴史に幕を閉じました。写真のテーブルはその閉店時に青木智仁さんが同店から譲り受けたもの。今ではここ「basic」で大切に使われています。お客様にお茶を出したり、カスタムオーダーシートを書いてもらったり。
ピットインのライブの合間に、理想とするベースをなんとしても形にしようと、青木さんと熱く語り合ったことがなつかしく思い出されます。
六本木ピットインのテーブル_b0091544_14442358.jpg

by JohnnyATELIERZ | 2012-07-06 14:45 | other